多くの企業がテンプレ化している新入社員研修

挨拶の方法、名刺の渡し方や電話対応、企業によってはビジネス敬語について…。

今挙げたものが俗に言う「新入社員研修でやる事」です。

言われてみれば…と思うかも知れませんが、どこの企業でも同じ様な研修ばかり…そう思った事はありませんか?

そうです。

企業によって業務内容はもちろん、雰囲気や経営方針と何から何まで違うのに、研修が同じ様なものっておかしいですよね。

今回はそんな新入社員研修についてスポットを当てご説明させて頂きたいのです。

まず、テンプレート化した研修では多くを学ぶ事は出来ません。

就職活動の授業で、または前の会社の研修でやっている事が殆どだからです。

その為、研修を終えていざ現場に入ると研修に教わった事が全く通用せずに困惑する…という事が多いのです。

そして、現場に入ってからの研修や「研修したのに使えない新人。

」と言うレッテルが貼られやすくなります。

これじゃ新入社員研修なんてただの時間の無駄に思ってしまいますよね。

そうならない為にはどうすれば良いのでしょうか。

自己紹介は申し遅れましたが、私はある人事コンサル会社のランキングサイトを参照し、このサイトを設立したのですが少し前までは前ページの様な事に気づく事もありませんでした。

なので、いつも通りの新入社員研修をして、現場に送り出す。

その中の数名が辞めて数名が残る。

ランキングサイトで依頼をした人事コンサルから研修を受けるまではそれが当然だと思っていたのです。

ですがある日、会社で新入社員研修にもっと力を入れてより早く即戦力に、退職率を下げる事が出来る様になるにはどうすれば良いかと突きつけられました。

それから少しずつ、自分がやってきた研修はどうなのかと疑問を持つようになりましたが、今までやってきた考えを捨てる事が出来なかったため、ネットで人事コンサルについて調べる様になったのです。

そこでこのサイトにアクセスする事になりました。

新入社員研修は人事コンサルへ

このサイトは新入社員研修に特化した人事コンサルの総合ランキングサイトだったのです。